漫画素材とは?

 

目次

 

漫画素材工房ではプロの手による素材の作成、販売を行っています。
デジタル初心者からプロの現場まで、
幅広いジャンルでお使いいただける多種多様な素材作成を目指し、
現場経験者による素材の制作、サイト運営を行っています。

素材を使用する事で大幅な時間短縮、
作画クオリティの安定と効率化、人件費の削減はもとより
本来背景にかけるべき時間をキャラクターやストーリに集中させるなど、
スケジュールの安定化に繋げる事も可能です。

素材を作れば後々便利なのはわかっていても、
現場では目の前の作画を終わらせる事が何より優先されてしまいます。
そんな現場に代わり、痒いところに手が届く素材、
あったら嬉しい素材作りや技術提供を心がけています。

 

素材制作に使用した資料は全て著作権に配慮したものであり、
商用、非商用共に自由に加工、ご利用いただけます。
ダウンロードデータ商品のため、
一度購入すれば何度でも自由にお使いいただけます。

※二次配布、二次加工配布は禁止とさせいただきます。  
 詳しくは著作権のページをご参照ください。

 

ブラシ素材

ブラシ素材は自然物やアクション効果をはじめ、頻繁に出る小物など、
かさばると大きく時間を取られる作画をスタンプやストロークのみで描画できる素材です。

また、様々なブラシ素材を組み合わせることで、一見すると複雑な画面を
驚くほど短時間で作り上げることも可能となります。
 

●使用可能ソフト
・Comic Studio4 ・Clip Studio Paint ・Illust Studio  
2016y02m23d_143853859  
ストロークのみで描きあげた黒煙  
2016y02m25d_142521864  
三種類のスタンプのみで構成した樹木  

 

目次に戻る  

 

 

3D素材

3D素材は複雑な背景や小物もワンタッチで線画作成できる素材です。
しかもアングルは自由、お好きな空間設定で、人物にあわせた作画が可能です。

パースと下絵の作業を一気に省けるため、
作りや空間が複雑困難であればあるほど効果を発揮します。
大幅な時間短縮と効率化が実現できる、最も便利な素材です。


また、単調なデジタル線画もベクターレイヤーの線幅修正ツール、
フィルタを使用することで手描きの味わいに調整する事が可能です。

●使用可能ソフト
・Comic StudioEX ・Clip Studio Paint EX ・lwo形式を読込める全てのソフトウェア 

※コミスタ、クリスタはEX以外のバージョンではお使いいただけませんのでご注意ください。
2015y12m07d_214847141 2015y11m04d_174743245
3Dレンタリング線画
2016y03m29d_193124546
3D線画を使用した作画例
2016y03m29d_204129347

 

目次に戻る  

 

 

トーン素材

トーン素材はモノクロ作画の基本となる素材ですが、1枚ごとに消費するアナログと違い、
デジタルでは1枚の購入のみで何度でも自由に使用することが出来ます。
また、線数や大きさも自由に調節いただけます。

●使用可能ソフト
・Comic Studio4 ・Clip Studio Paint
2016y04m01d_182221513
2016y04m01d_182254904
2016y04m01d_182318003

 

目次に戻る  

 

 

背景素材

背景素材は痒いところに手が届く風景、アングル、
作風などがなかなかフィットし辛い素材ですが、
ひとたび合えば切って張るだけで画面が埋まるお手軽素材です。

デジタル背景は線画やベタ、トーンなどのレイヤー分けが可能なため、
アナログに比べてカスタマイズもしやすくなっています。
線画は全てベクターレイヤーのため、線幅の細かい調整と拡大縮小が可能です。

●使用可能ソフト
・Comic Studio4 ・Clip Studio Paint 
2016y02m27d_171605071 2016y02m27d_171656917
2016y02m27d_165403450 2016y02m27d_170040971
線画、ベタ、トーン、追加線など、複数のレイヤーに分けられたデジタル背景素材

 

 

目次に戻る  

 

 

擬音素材

漫画の擬音はシーンの雰囲気や画面を彩る
存在として、地味なようでいて大きな意味を持っています。

とりわけ多くの時間と工夫、センスを要求される
アクション系の擬音も素材を使うことで
自由なカスタマイズと時間短縮が可能になります。
 

●使用可能ソフト
・Comic Studio4 ・Clip Studio Paint
カタカナ全音+αの擬音素材

2016y05m26d_130226085

必要な文字を変形等で組み合わせ、様々な擬音が作成可能
2016y05m26d_131150197
アレンジを加えて同じ擬音にも多くのバリエーションを出せます。
2016y05m27d_105712737

 

 

目次に戻る  

 

 

効果線素材

クリップスタジオ、コミックスタジオでは自動で効果線が描けるフィル多機能がありますが、
アクションに合わせた細かい効果線表現はまだまだ人の手に追いつきません。

ソフトウェアでは出せない様々な効果線も
素材を使うことで大きな時間短縮に繋がります。

線画は全てベクターレイヤーのため、線幅の細かい調整と拡大縮小が可能です。

●使用可能ソフト
・Comic Studio4 ・Clip Studio Paint  
切って貼る集中線。トーンのように使えます
2016y05m26d_225325591
強調線入りバージョン
2016y05m26d_225334823

 

目次に戻る

 

 

吹き出し素材

吹き出しは擬音と同じく地味なようでいて、
漫画のシーンや雰囲気を彩る大事な要素です。

アナログ手描きでは大変な時間がかかっていたフラッシュ系や
アナウンス系の吹き出しは素材を使うことで大幅な時間短縮につながります。

更に毛筆系の吹き出しなど、手描き風のフキダシも素材を登録することで
自由に貼り替えが可能になり、シーンに合わせた表現を
心ゆくまで手軽に行うことができます。

 

●使用可能ソフト
・Comic Studio4 ・Clip Studio Paint  
画像素材レイヤーのフラッシュ吹き出し

2016y11m11d_151736600

2016y11m11d_151758033

重ねるだけで自動的に結合できます。
2016y11m11d_151758039

 

吹き出し素材一覧

 

目次に戻る

 

写真素材

写真素材は漫画に限らずイラスト、ゲーム、映像制作など
様々なシーンでお使いいただける素材です。

カラーだけでなくモノクロ作画においても
クリップスタジオの2Dレンタリング機能にて
手軽に線画抽出をし、背景として利用することが可能です。
 

線画は全てベクターレイヤーのため、線幅の細かい調整と拡大縮小が可能です。

●使用可能ソフト
・Comic Studio4 ・Clip Studio Paint  
多くのアングルから、建物の構造理解が可能。各画像サイズは3000px以上の高解像度。

s2016y10m31d_204550038

 

LT変換機能より、写真から背景の線画化ができます。※作例はClipStudioPaint使用
bandicam 2016-11-29 15-59-39-793

 

写真素材一覧
 

※※ご使用の際は下記説明を必ずお読みください※※

写真は全て現地(国外)に赴いて撮影したものになります。
販売は該当国の法律専門家のアドバイスを得た上で行っていますが、
万一建物の所有者から指摘があった場合は販売を取りやめる場合があります。

写真は創作物の資料、加筆、トレース、色調補正など、
加工を前提とした使用をお勧めいたします。
未加工の商用利用も可能ですが、万一問題が起こった場合、
当方では一切の責任を負えません。
その点を踏まえ、ご自身の判断でご使用ください。

ただし自然物、動物の写真は特別な記載がない限り
全て自由にお使いいただけます。

※二次配布、二次加工配布は禁止とさせいただきます。 

 

目次に戻る

 

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ページトップに戻る