擬音素材の基本

漫画素材工房では様々なシーンに対応可能な
カスタマイズ要素を備えた擬音素材を作成しています。

このページでは擬音素材をより幅広くご活用いただくための
使用方法を クリスタ、コミスタの両ソフトに沿ってお伝えします。
 

目次

 

擬音素材の基本使用方法

 

擬音素材は擬音作成に必要なカタカナ全音+αを揃えてあります。

2016y05m26d_130226085

 

 

必要な文字をコピーペーストし、変形、位置調整で擬音を作成できます。

2016y05m26d_130252107

 

 

同じ文字もゆがみ変形やメッシュ変形で印象を変えることができます。

2016y05m26d_131150195

 

 

擬音素材を使えば様々な文字列で自由な擬音を作成できます。
作成した擬音は素材登録しておくと、より便利です。

2016y05m26d_131150197

 

目次に戻る

 

 

白フチ、黒フチとトーン化の活用

 

擬音は白フチ、黒フチを付けることで印象が変わります。
まずは通常の擬音を画面に置きます。

2016y05m27d_104442168

 

 

該当の擬音レイヤーをCtrl+左クリック(コミスタはAlt+左クリック)で
選択範囲を取ります。

2016y05m27d_104442162

 

 

このとき作成した選択範囲は「選択範囲をストック(クリスタ)」
または「選択範囲をレイヤーに変換(コミスタ)」で保存しておくと
後々の作業に役立ちます。

2016y05m27d_104442163

2016y05m27d_104442165

 

 

選択範囲を取った状態で新規レイヤーを作り、選択範囲をフチ取りして
白フチのみのレイヤーを作ります。

2016y05m27d_104442169

 


白フチが完成しました。

2016y05m27d_104510941

 

 

先ほどの選択範囲を利用して、ベタをトーンに置き換えた例。
トーンの擬音は透明感があり、
背景や人物を擬音で消したくない時に重宝します。

2016y05m27d_104749102

 

 

編集タブから「線の色を描画色に変更」で擬音を黒から白に変更できます。
※コミスタでは該当箇所の選択範囲を先に取り描画色の変更を選択

2016y05m27d_104851104

 

 

境界効果のフチ取り(クリスタ)、
または先ほどの作業と同じ手順で、白色に変換した擬音に黒フチを付けます。

2016y05m27d_104851105

2016y05m27d_104851107

 

 

黒フチが完成しました。

2016y05m27d_104851108

 

 

次は選択範囲の拡張、縮小を利用して擬音をアレンジします。

2016y05m27d_105020863

 

 

ベースの選択範囲を縮小し、中身を切り取ります。

2016y05m27d_105020866

 

 

中身を切り取った擬音に白フチを付けた例。

2016y05m27d_105057164

 

 

擬音の下に新規レイヤーを作り、中身にトーンを張った例。

2016y05m27d_105219602

 

 

中身をベタにした例

2016y05m27d_105219608

このように白フチ、黒フチ、トーン化を利用することで
同じ擬音も様々なシーンに対応可能になります。

 

 

目次に戻る

 

 

 

擬音を装飾する

 

フチやトーン化に加え、擬音に装飾を付けることで
擬音の印象はさらに変わります。

 

黒ベタにブラシでスパッタリングを加えた例。

2016y05m27d_105433806

 

 

トーン上にブラシ、ホワイトで汚れを加えた例

2016y05m27d_105712737

 

 

無地にブラシ、黒色で汚れを加えた例

2016y05m27d_105721468

擬音の装飾はアクションシーンや特定の表現に
使用することで様々な効果を発揮します。

是非お試しください。

 

目次に戻る

擬音.効果線.フキダシ素材一覧

素材の応用方法

※準備中

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ページトップに戻る