Shopping Cart

0 / ¥0

写真を漫画風に素早く変える!古城の写真LT変換

 

「なんとか楽して背景を描けないかなぁ」

と考える描き手さんは多いはず。
漫画は描く量があまりにも多いので、時間と気力が理想に追いつかないのが現実です。

そこで便利なのがクリスタの写真LT変換。
クリスタに写真を読み込めば、ボタン一つでモノクロ画にしてくれる
とても頼もしい機能です。

 

ただしクリスタで変換された写真は、そのままではリアルすぎて漫画の画面に合いません。
このページでは写真LT変換したモノクロ画を漫画風に加工する方法をご紹介します。

 

写真の読み込み方法はこちら
写真LT変換の基本はこちらをご参照ください。

 

 

 

 

少しの工夫で漫画風に・古城の写真LT変換

 

 

クリスタに写真を読み込み、LT変換の設定画面を開きます。
(レイヤータブ→レイヤーのLT変換)

この写真は手前と奥とで明るさがかなり違います。
そこで2種類のベタ(=トーンワーク100%)を組み合わせて作業します。

まずは手前に焦点を合わせ、1枚目の線画とベタをLT変換します。

 

 

次に奥の城に焦点を合わせ、2枚目のベタをLT変換します。

 

 

2枚目のベタの不要な部分を切り取ります。

 

 

 

1枚目のベタと2枚目のベタを統合した状態。
奥にも手前にも適度にベタが入っています。
こうすることで、加筆の手間をかなり省くことができます。

 

 

 

 

自然物を切り取ります。
クリスタでLT変換した自然物は漫画にはあまり合いません。
大胆に削除して描き直すのがポイントです。

 

 

 

 

全体的にリアルすぎるので「ごみ取り」をします。
不要な線を消し、漫画風のシンプルな画面にしていきます。

 

 

 

ごみ取りフィルターで消えないごみも、消しゴムで消します。

 

 

 

空にグラデーションを貼り、雲を描きます。
空トーンを貼ると画面にメリハリ(コントラスト)がつき、一気に漫画らしくなります。
※雲ブラシ使用

 

 

 

城部分に加筆をして、立体感をつけていきます。
大まかな線はLT変換されているので、補足する程度に描き足します。

 

 

 

 

大まかなパーツの輪郭線を太くします。
これだけでかなり漫画らしくなります。

 

 

 

新規レイヤーを作り、ベタ部分にホワイトで斜線をいれていきます。
レイヤーを別にするとやり直しや微調整がしやすくなります。
※手描き風斜線ブラシ使用

 

 

さらに影になりそうな場所にも斜線を描き足します。

 

 

 

このように、輪郭線×斜線でとてもカンタンに漫画風の絵になります。

 

 

 

先ほど消した自然物を描き直します。
自然物の描き直しは素材を使えばあっという間に終わります。
※モコモコ葉ブラシ使用

 

 

 

さらに自然物を消し、輪郭線と斜線で各所を修正していきます。

 

 

 

左上からの光源を意識して、影のトーンを貼ります。

 

 

 

クリスタの写真LT変換はシンプルな作画には向きませんが、
リアル寄りの絵には絶大な時間短縮効果があります。

トレースですら数時間かかる描きこみの背景が、たったの50分で完成しました。
クリスタのLT変換は時間と経費を省き、高品質の背景が描けるとても便利な機能です。

 

漫画風に見せる、クリスタ写真LT変換のコツまとめ

 

・2種類のベタを良いところを合わせる
・手描き風の斜線を加える
・面に影をつける(ベタ貼り多めに)

・大まかな輪郭線を加筆する
・自然物を描き直す

 

 

 関連素材