Shopping Cart

0 / ¥0

秋の素材・もみじブラシで描く落ち葉風景

 

積み重なる落ち葉と舞い散るもみじは
秋の情緒を最大限に引き出してくれます。

ですが複雑なもみじの作画は半端な作業ではありません。

 

このページでは大量のもみじをラクラク描ける、
もみじの落ち葉風景の描き方をご紹介します。

 

ブラシ素材の基本は こちら

 

 

 

秋の代名詞・もみじの落ち葉メイキング

 

 

 

 

はじめに幹を用意し、地面のパースラインを引いて空間を決めます。
※幹枝根ブラシ_縦線黒 使用

 

 

 

 

パースラインを目安にし、
奥から手前にかけてもみじ落ち葉ブラシを遠近ストロークします。

 

 

 

Ctrl+レイヤークリック(コミスタはAlt+レイヤークリック)で選択範囲を取り、
落ち葉にトーンを貼ります。

 

 

 

新規レイヤーを作り、2層目の落ち葉をストロークします。

 

 

 

同じ要領で2層目の落ち葉にトーンを貼ります。
それぞれの濃度を変えて2色の落ち葉ができました。

 

 

 

幹の根元に影を落とし、立体感と存在感を出します。

 

 

 

パースの奥をホワイトでぼかし、遠近感を出します。
※アナログ風ほわカケブラシ使用

 

 

 

新規レイヤーを作り、最下層に落ち葉をストロークします。

 

 

 

投げ縄ツールで選択範囲を取り、グラデーションとカケアミで影を作ります。

 

 

 

周囲の明度に合わせて木の幹を明るくします。
※幹枝根_縦線黒ベースブラシ使用

 

 

 

トーン削りブラシとホワイトで木漏れ日を描き、空気感を出します。

 

 

 

もみじ落ち葉_舞いブラシをスタンプし、
舞い散る落ち葉をアクセントとして入れます。

 

 

 

各トーンの濃度を微調整し、もみじの落ち葉風景の完成です!

※使用ブラシ
もみじ落ち葉2種、幹枝根_縦線黒、アナログ風ほわカケ

 

 関連素材