Shopping Cart

0 / ¥0

自然物に疲れた人必見!落ち葉ブラシ素材・森の落ち葉風景の描き方

 

森に散らばる落ち葉は数が多く、一つずつ描くのはかなりの労力です。

 

そんな労力が一切無用になるのが落ち葉ブラシ素材。

ブラシ素材は大量作画に適した素材で、
無数の落ち葉をスタンプやストロークだけで描けてしまいます。

このページでは森の作画に雰囲気を添える、落ち葉風景の描き方をご紹介します。

 

ブラシ素材の線幅補正方法はこちら

ブラシ素材の基本は こちら

 

森の落ち葉風景・メイキング

 

自然風景を描くには写真を参考にすると、リアリティが出ます。
まずは参考写真を元にラフを描きます。

2016y07m15d_212628217

 

 

 

ラフにあわせて木の幹を描きます。
ここでは幹枝根ブラシ・杉を使用します。

2016y07m15d_214446297

 

 

 

ブラシ素材には白地が入っています。
この白地を利用して効率的に作画をしていきます。

2016y07m15d_214446299

 

 

 

下に新規レイヤーを作り、幹の下に岩を描きます。
大岩ブラシ(黒)、小岩ブラシ(黒)使用

岩は幹の白地の下に隠れているので、幹の形に合わせて切り取る必要はありません。
把握できる範囲で複数のレイヤーに分けて描くと効率的があがります。

2016y07m15d_214450384

 

 

 

幹に比べて岩の輪郭が細いので線を太くします。

2016y07m15d_214747505

 

 

 

最下部に新規レイヤーを作り、落ち葉ブラシ(軽め)で落ち葉の下地を作ります。

2016y07m15d_214752889

 

 

 

次は最上部に新規レイヤーを作ります。
落ち葉ブラシ(朽ち)で幹や岩の上に重なる落ち葉をスタンプします。

2016y07m15d_214758786

 

 

 

幹の根元に重なる落ち葉に存在感を出していきます。

2016y07m15d_214822194

 

 

 

「最上部の落ち葉」と「幹」の中間に新規レイヤーを作り、黒で影を落としました。

2016y07m15d_214841558

 

 

 

任意の場所に落ち葉を足して全体を調整します。

2016y07m15d_214936327

 

 

 

最下部に新規レイヤーを作り、草地を足します。
※軽草ブラシ、根地草ブラシ使用

2016y07m15d_214956369

 

 

 

再び最上部にレイヤーを作り、木の根元付近に草を描き足します。
草地面ブラシ、黒草ブラシ使用

2016y07m15d_215032662

 

 

 

各パーツの白地の下に薄いグラデトーンを貼り、粗く削ります。

2016y07m15d_215140157

 

 

 

各パーツの白地を利用すればトーンを切り取る手間が省けます。
薄いトーンは粗い処理が目立たないので、素早い影付けに便利です。

2016y07m15d_215204618

 

 

 

森の落ち葉風景画が完成しました。

2016y07m15d_215212966

 

 

 

最終的なレイヤー構成です。
レイヤーを複数に分けると修正が手軽になり、仕上げも効率化します。
修正を終えたら、レイヤーを統合してOKです。

2016y07m19d_235939369

 

ブラシ素材は大量作画の自然物にとても適しており、
手描きでは大変な作業をブラシスタンプとストロークのみで行えます。

是非ご参照ください。

 

 

関連素材