Shopping Cart

0 / ¥0

ラクしても手抜きにならない!幹枝根ブラシ素材のコツと木の描き方

木の質感表現には多くの斜線描写が必要です。

縦横無尽、複雑に伸びる枝や木の根が加わると、その労力は数倍にも数十倍にも。
永遠とも思われる斜線描写の連続は、気力を根こそぎ奪う苦行です。

 

そんな木の作画をシンプルなストロークのみで行えるのが幹枝根ブラシ。

このページでは幹枝根ブラシの仕組みと実際の木の描き方を
幹枝根ブラシ横線(黒)を使ってご紹介します。

 

ブラシ素材の線幅補正方法はこちら

ブラシ素材の基本は こちら

 

 

 

 

 

幹と枝と根をブラシ素材で描く・メイキング

 

まずは幹枝根ブラシの仕組みと内容をおさらいします。
ブラシは4つの種類があり、これら組み合わせて作画を行います。
2016y07m10d_214417683

 

 

更にベースブラシで木の幹のパターンを追加、変更することも出来ます。

2016y07m10d_214417685

 

※幹枝根ブラシ素材の使い方とコツの詳細はこちら

 

 

 

 

それでは実際に木を描いていきます。
ここでは基本よりも複雑な描写に挑戦してみます。

始めに幹ブラシで一本の幹をストロークします。

2016y07m19d_094815464

 

 

 

幹の上と下に新規レイヤーを作り、大、小、極小ブラシで枝や根を追加します。

2016y07m19d_095221113

 

 

新規レイヤーを作り、大、小ブラシを使って更に枝と幹を追加します。
これらは全て一本のストロークで行えます。

継ぎ目の部分は削って調整しています。

2016y07m19d_095323861

 

 

小、極小ブラシで更に枝を追加します。
枝や根の間にはベタを追加すると、どっしりした安定感が出ます。

2016y07m19d_095336395

 

 

 

枝の後ろに新規レイヤーを作り、細かい枝を描きます。
・枝ブラシ(黒)使用

2016y07m19d_095353989

 

 

 

最下部に新規レイヤーを作り、草地と落ち葉を描きます。
軽草ブラシ、落ち葉ブラシ(軽め)使用

2016y07m19d_095928964

 

 

 

岩を追加して自然を演出します。
小岩ブラシ(黒)使用

2016y07m19d_095933195

 

 

 

最上部に新規レイヤーを作り、木や岩に重なるように落ち葉と雑草を足します。
落ち葉ブラシ(朽ち)(舞い)、雑草ブラシ使用

2016y07m19d_095933197

 

 

 

気になる箇所をベースブラシやホワイトの加筆で調整していきます。

2016y07m19d_101407054

 

 

 

極小ブラシはツタとしても使えます。
ツタを加えると密林や南国の雰囲気が出ます。

2016y07m19d_101439877

 

 

 

落ち葉を舞わせて雰囲気を演出したら完成です。
落ち葉ブラシ(舞い)使用

2016y07m19d_101439879

 

 

最終的なレイヤー構成です。
レイヤーを(把握できる範囲で)複数に分けると
修正や微調整がしやすく、仕上げの効率もあがります。

修正が終わったらレイヤーを統合してOKです。
※ここではわかりやすく小分けにしていますが、レイヤー数は自由でかまいません。

2016y07m20d_000329025

 

幹枝根ブラシ素材を使えば木の作画時間を圧倒的に短縮できる上、
決まりきったパターンではない、自由な木の造形をデザインできます。

あなただけの木を作り、それを素材登録をすれば更に作業効率が上がります。
是非ご利用ください。

 

 

関連素材