幹枝根ブラシ素材・地を這う根を描く

縦横無尽に伸びる木の根や枝は、作画がとても厄介な物体です。

木の質感と複雑な流れの両方を同時に描くには
かなりの技量と時間を要することでしょう。

そんな複雑表現を手軽なストロークのみで行えるのが枝幹根ブラシ。
質感は考えず、流れに集中するだけで
複雑に絡み合う根や枝を描ける素材です。

このページでは幹枝根ブラシ縦線(黒)を使った、
「地を這う根」のメイキングをご紹介します。

2016y07m19d_215450378

 

ブラシ素材の線幅補正方法はこちら

ブラシ素材の基本的な使い方は こちら

幹枝根ブラシ_縦線(黒) 幹枝根ブラシ_縦線3種セット 幹枝根ブラシ10種セット

¥900

¥1980

¥6500

地を這う根を描く・メイキング

枝幹根ブラシには4つ (+α)の種類があり、これら組み合わせて作画を行います。

2016y07m19d_213505727

 

 

自然風景を描くには写真を参考にすると、リアリティが出ます。
まずは参考写真を元にラフを描きます。

2016y07m19d_214308059

 

 

小サイズ、極小サイズのブラシを持ち替えながら、
ラフに沿ってブラシをストロークします。

2016y07m19d_214651227

 

上に新規レイヤーを作り、大きいサイズで手前の根をストロークします。
気に入った形になるまで何度描き直してもOKです。

 

2016y07m19d_214655001

 

 

更に上に新規レイヤーを作り、幹ブラシで手前の幹をストロークします。
把握できる範囲で複数のレイヤーに分けて描くと、あとあとの微調整に便利です。
 

2016y07m19d_214658076

 

 

用紙を非表示(透明部分を表示)にした状態。
各ブラシには白地が入っており、この白地を生かすと効率的な作画が出来ます。

2016y07m19d_214658078

 

 

下に新規レイヤーを作り、落ち葉を描きます。
ここでは落ち葉ブラシ(軽め)(朽ち)を使用しています。

落ち葉は根と幹の白地の下に描いているため、
幹根の形に合わせて切り取る必要はありません。

2016y07m19d_214704814

 

 

落ち葉の下に新規レイヤーを作り、根の影をつけます。
影は根の下にピッタリ沿わず、浮き上がった立体感を出すために余白を作ります。

※手書き風斜線ブラシ使用

2016y07m19d_214843405

 

 

根の上に新規レイヤーを作り、根の端に落ち葉や草をかぶせて馴染ませます。
※落ち葉ブラシ(朽ち)、黒草ブラシ使用

2016y07m19d_215402148

 

 

更に白草を描き足します。
※白草ブラシ使用

2016y07m19d_215442522

 

 

地を這う根の風景が完成しました。

2016y07m19d_215450378

 

 

最終的なレイヤー構成です。
レイヤーを複数に分けると修正が手軽に行えるほか、
仕上げの効率化もはかれます。
修正が不要なところまで完成すれば、レイヤーを統合してOKです。

※ここではわかりやすく小分けにしていますが、レイヤー数は自由でかまいません。

2016y07m20d_000127488



幹枝根ブラシ素材を使えば面倒な木の作画時間を
圧倒的に短縮できます。
そしてこのブラシ最大の特徴は
決まりきったパターンではない、自由な木の造形をデザインできることです。

多様性を重視する描き手さんにピッタリの

幹枝根ブラシを是非ご利用ください。
 

 

ブラシ素材の線幅補正方法はこちら

ブラシ素材の基本的な使い方は こちら

●おススメの関連素材

 

幹枝根ブラシ_縦線(黒) 幹枝根ブラシ_縦線3種セット 幹枝根ブラシ10種セット
¥900 ¥1980 ¥6500
縦線ベースの幹枝根をストロークのみで描ける素材5種。黒めの作画、影の濃い場面や木炭にも。 縦線ベースの幹枝根をストロークのみで描ける素材・黒、白、中間色の3種セット。単品購入より420円お得。 幹枝根をストロークのみで描ける素材リボンブラシ。横線、縦線各3種と松、杉、桜、白樺の計10種。単品購入より1400円お得。
     
地面ブラシ6種セット 地面ブラシ_岩(白黒) 黒葉ブラシ02(遠景用)
¥2980icon_new11_hot011 ¥900 ¥600
泥、ひび土、整地土、岩(白黒)、草(白黒)の地面素材をまとめたお得なセット素材。 でこぼこした岩場、荒れた土地に適した地面ブラシ素材。白と黒の2種。 遠景の黒葉が描ける素材。小回りの利く微調整用に。
     

●ブラシ素材一覧はこちら

●販売素材一覧はこちら

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ページトップに戻る