Shopping Cart

0 / ¥0

作画の憂鬱もキレイに解消!幹枝根ブラシ素材・白樺の並木道の描き方

 

整然と木々が連なる並木道はとても絵になる風景ですが、作画の労力はかなりの物です。

アナログでは逃げようのないこの作業も、
デジタルのブラシ素材を使えば鼻歌まじにり描けてしまいます。

 

このページでは幹枝根ブラシ・白樺を使用した白樺の並木道の描き方をご紹介します。
 

ブラシ素材の線幅補正方法はこちら

ブラシ素材の基本は こちら

 

 

 

 

 

白樺の並木道・メイキング

 

自然風景を描くには写真を参考にすると、リアリティが出ます。
まずは写真を探しだし、それを参考にラフを描きます。

2016y07m19d_225755233

 

 

 

幹枝根ブラシ・白樺には4つ の種類があり、これら組み合わせて作画を行います。

2016y07m19d_225755235

※幹枝根ブラシ素材の使い方とコツの詳細はこちら

 

 

 

各サイズのブラシを持ち替えながら、ラフに沿って幹をストロークします。
奥に行くほど小さいサイズ、手前に来るほど大きなサイズを使って描きます。

2016y07m19d_225829063

 

 

 

ブツリと切れている木の根元を削りブラシ、透明色で削ります。

2016y07m19d_230804994

 

 

白地を非表示(透明部分を表示)にした状態。

ブラシ素材にはこのように白地が入っています。
作業時はこれを利用し、幹の上、幹の下にレイヤーを作りながら進めます。

把握できる範囲で複数のレイヤーに分けて描くと、微調整に役立ちます。

2016y07m19d_230804995

 

 

 

幹の上に新規レイヤーを作り、 木の根元に草地を入れます。
※軽草ブラシ使用

2016y07m19d_230818226

 

 

 

幹の下に新規レイヤーを作り、並木道の地面と幹の後ろにある草地を描きます。
※軽草ブラシ、地面ブラシ_整地土使用

2016y07m19d_230821792

 

 

 

幹の下に木々の葉を描きます。
※黒葉ブラシ大(広範囲用)使用

2016y07m19d_230843992

 

 

 

黒葉の印象を和らげるため、ホワイトで斜線を入れます。
※手描き風斜線ブラシ使用

2016y07m19d_230848011

 

 

 

葉の上に細かい枝を描きます。幹の色に合わせ、白色を使います。
※枝ブラシ(黒)描画色反転

2016y07m19d_230850617

 

 

 

最下部に新規レイヤーを作り、最奥の木々を描きます。
※手描き風森ブラシ使用

2016y07m19d_230942184

 

 

 

遠近の基本「手前を黒く、遠くを白く」に沿って、最奥の木々を斜線でぼかします。
※手描き風斜線ブラシ使用

2016y07m19d_230957775

 

 

 

遠近の基本「手前を黒く、遠くを白く」に沿って、手前に黒い葉+枝を追加します。
※黒葉ブラシ大(広範囲用)、枝ブラシ(黒)描画色反転 使用

2016y07m19d_231019605

 

 

 

手前の木を強調するため、幹の両側に白フチを入れます。
右側からの光源を意識して、右側の白を強くします。

幹のパターンが似通っている部分もホワイトで塗りつぶして修正します。

2016y07m19d_231120618

 

 

 

遠近の基本「手前を黒く、遠くを白く」に沿って、並木道の最奥部分を更に白くします。

2016y07m19d_231236873

 

 

 

ホワイトで射光を入れて完成です。

2016y07m19d_231300665

 

 

最終的なレイヤー構成です。

レイヤーを複数に分けると修正が手軽になり、仕上げ効率も上がります。
修正を終えたら、レイヤーを統合してOKです。
※ここでは手順どおりに小分けにしていますが、レイヤー数は自由でかまいません。

2016y07m19d_235827616

 

並木道は遠近をしっかり表現すると良い雰囲気が出ます。

幹枝根ブラシで気を楽に保ちながら、全体のバランスを意識してみてください。

 

 

関連素材