落ち葉ブラシ素材・遠近感のある落ち葉風景を描く

葉っぱのような自然物は数の描写を必要とするため
手間のかかる作画の一つです。

特に落ち葉のように独立した物体はまとめてデフォルメすることも出来ず、
一枚一枚の形にも手を抜けません。

そんな落ち葉をストロークだけで描けてしまうのが落ち葉ブラシ素材。
このページでは舞い散る落ち葉に遠近感をつけ、
雰囲気ある画面の作り方をご紹介します。
2016y07m15d_180436979

 

ブラシ素材の線幅補正方法はこちら

ブラシ素材の基本的な使い方は こちら

落ち葉ブラシ4種セット

3200

落ち葉の風景・メイキング

はじめに落ち葉の土台を描いていきます。
ここでは落ち葉ブラシ(積み)を使用します。

落ち葉ブラシは筆圧によって遠近がつくよう初期設定されています。
右奥から左手前へストロークすれば落ち葉が簡単に描けます。

2016y07m15d_180205901

 

 

下に新規レイヤーを作り
今度は落ち葉ブラシ(軽め)を上記と同じにストロークします。
落ち葉の層の厚みが一気に増しました。
レイヤーを把握できる範囲で複数に分けて描くと後々の編集に役立ちます。

2016y07m15d_180207963

 

 

更に下に新規レイヤーを作り、今度は下に草を描き込みます(軽草ブラシ使用)

2016y07m15d_180219466

 

 

最上部に新規レイヤーを作り、草を描きます(白草ブラシ使用)。

2016y07m15d_180224410

 

 

ようやく舞い散る落ち葉の登場です。
再び最上部に新規レイヤーを作り、
落ち葉ブラシ(舞い)を奥にから手前にかけて筆圧を強くしながら
スタンプ、またはストロークをします。
好みのパターンが出るまで何度やり直してもOKです。

2016y07m15d_180256108

 

 

 

ひとまずこれで完成でもかまいませんが、
ここでは一歩上の遠近感の演出を加えていきます。

舞い散る落ち葉の下に新規レイヤーを作り、
落ち葉の周囲に手持ちの削りブラシなどでホワイトを入れます(白フチでも可)。
こうすることで輪郭が際立ち、主役の落ち葉が強調されます。

2016y07m15d_180256110

 

 

更にその下に新規レイヤー、もしくは新規ホワイトトーンを作り、
奥にうっすらホワイトをかけます。
舞い散る落ち葉と奥の風景がしっかりと区切られ、
主役の落ち葉との遠近感が強調されました。

2016y07m15d_180436977

 

 

仕上げに舞い散る落ち葉の下にグラデトーンを貼ります。
「手前を黒く、奥を白く」という遠近の基本を忠実に再現して完成です。

※アクセントとしてあえて白草の下にトーンを貼りました。
 

2016y07m15d_180436979

 

 


最終的なレイヤー構成です。
レイヤーを複数に分けると修正が手軽に行えるほか、
仕上げの効率化もはかれます。
修正が不要なところまで完成すれば、レイヤーを統合してOKです。

2016y07m19d_235442212


このように、ブラシ素材を使えば落ち葉を簡単に描けるだけでなく、
遠近の演出で雰囲気のある画面が手軽に作れます。

是非お試しください。

 

 

ブラシ素材の線幅補正方法はこちら

ブラシ素材の基本的な使い方は こちら

●おススメの関連素材

落ち葉ブラシ4種セット 2016y04m05d_215117271 2016y04m06d_002821058 2015y11m13d_232613142
3200 ¥900 ¥900 ¥700
舞い、積み、朽ち、軽め、の4種をセットにしたお得価格のブラシ素材セット。 オーソドックスな白草を大量に描けるブラシ素材。近景、遠景用の2種セット。 コントラストの強い黒草を描画できるマルチブラシ素材。ベタが多くリアルな作画向け。 描くと地味に苦しい芝生のような軽草を一気に描けるブラシ素材。
       

●ブラシ素材一覧はこちら

●販売素材一覧はこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ページトップに戻る