Shopping Cart

0 / ¥0

和の景色を手軽に描ける!もみじブラシ・秋の茶屋

 

 

もみじはイチョウと並ぶ秋の葉の代名詞。
もみじの葉で飾れば鮮やかな秋の風景がお手軽に完成します。

ですが7つに分かれたもみじの形はあまりに複雑で、
手で描くには途方に暮れてしまいます。

このページではスタンプのみで気軽に描ける
もみじの茶屋の風景・メイキングをご紹介します。

 

 

ブラシ素材の基本は こちら

 

 

 

秋を彩るもみじブラシ・秋の茶屋の描き方

 

 

 

はじめにもみじ樹木ブラシもみじの木を一本スタンプします。

 

 

 

 

拡大変形してもみじの木の位置を調節します。

 

 

 

 

下に新規レイヤーを作り、もみじ樹木ブラシ奥の木々をスタンプします。

 

 

 

上に新規レイヤーを作り、手前の幹を描きます。
※幹枝根_縦線黒ブラシ

 

 

 

幹の下に枝を描き、その上からもみじ枝葉(小)ブラシをスタンプします。
※枝ブラシ(黒)使用

 

 

 

 

幹の上に新規レイヤーを作ります。
もみじ枝葉ブラシ手前のもみじ葉をスタンプし、白フチをつけて強調します。

 

 

 

わらぶき屋根にかぶるように、もみじ枝葉ブラシ(小)をスタンプします。
地面が寂しいのでを置きます。
※大岩ブラシ(白)使用

 

もみじ落ち葉ブラシ木の根元に落ち葉をストロークします。

 

 

 

もみじ落ち葉_舞いブラシ舞い散る落ち葉をスタンプし、白フチをつけます。

 

 

 

 

全体を描き終えたら陰影をつけます。

Ctrl+レイヤークリック(コミスタはAlt+レイヤークリック)で選択範囲を取り、
手前のもみじに濃いめのトーンを貼ります。

 

 

 

 

同じ要領で小さなもみじもみじの樹木に薄めのトーンを貼ります。

手前を黒く、奥を白くが遠近の基本です。

 

 

 

地面に積もったもみじの落ち葉にもトーンを貼ります。

 

 

 

 

茶屋の奥にトーンで葉のシルエットをスタンプします。

舞い散る落ち葉にもトーンを貼り、
手前のもみじには削りを入れて印象を柔らかくします。

 

 

 

 

もみじに囲まれた秋の茶屋の完成です!

※使用素材
茶屋(民家風)3D、もみじ5種セット、軽草、大岩(白)、手描き風斜線ブラシ

 

 関連素材