Shopping Cart

0 / ¥0

アオリの首がおかしな理由と対処法

角度のついたアオリは平面と比べてパーツの見え方が変わります。

何かが変だなと気づけるのは、目が肥えて上達してきた証拠なので
喜ばしいことですが、原因がわからなければ適切な対処はできません。

 

「何か変」の理由は大抵、
筋肉や骨の存在、立体を見落としているためです。

 

 

アオリの首が変な理由

 

首は垂直ではなく、斜めについているので、
きちんと斜めにつけたのに。

何か安定していない…。

 

 

原因は僧帽筋が欠けているためです。
首の後ろ、耳の高さから始まり、肩、背中にかけてついている筋肉です。


これでかなり安定しました。

 

 

このままでも十分ですが、さらに安定させるには
胸鎖乳突筋を追加します。

 

 

 

「なんとなく首筋にある線」として認識している人も多い箇所ですが、
アオリの角度が増すほど首の輪郭に影響してくる筋肉です。

 

首を上下したり回す筋肉でもあるので、
首を回したときの浮き上がり具合なども表現できると、色気が出ます。

 

アオリでよく見かける首にある線は、首と胸鎖乳突筋との境目の線です。
一つ加えるだけで奥行きが増します。

 

 

 

 

 関連素材