Shopping Cart

0 / ¥0

鎖骨の構造と肩周りの描き方

 

首もとの鎖骨は誰もが知っている部位ですが、
先端の伸びる先までは見落としがちです。

 

このページでは鎖骨の構造と、鎖骨をベースにした
肩周りのデッサンの取り方を解説します。

 

 

 

 

 

鎖骨は逆ハの字での形で、首元から肩に向かってついています。

上から見た場合、前部の首元から中間部の肩まで
同じく逆ハの字で
カーブしており、縦横に奥行きのある構造です。

 

 

 

鎖骨は一見すると、首元から急角度で上に向かっているので
左図のように描いてしまいがちです。

若干、首からの起点を下におろすと、肩とスムーズに繋がります。

 

 

 

肩周りを描くときは鎖骨と肩はセットで考えます。

 

 

 

肩のデッサンを安定させるには
目のラインを目安に肩のラインを決めること。

鎖骨をベースに
肩周りの形をひし形で捉えるとデッサンの狂いが減ります。

 

 

 

 

角度がついたときはパースで考えます。

 

パースは建物の作画に使うと考えがちですが、
人体デッサンにもパース感覚は必須です。

平面なら二点透視アオリ、フカンは三点透視の感覚で捉えます。

 

顔、首、肩周りは他のどの部位よりも多く描く場所です。

早めに内部構造と描き方をマスターすると、
デッサンの安定度と
後々の作画効率が格段にあがるので、
優先的な勉強をオススメします。

 

 

 

 関連素材