岩壁ブラシ素材を使った洞窟の描き方・メイキング

岩々が筒状に密集し、暗闇に包まれた洞窟はとても重く、
時間と技術が必要な背景です。

特に締め切りで時間に追われている時は
人に頼むにも自分で描くにも
その存在が精神的にも重くのしかかってくるのではないでしょうか。

ここではそんな難解な洞窟をストロークのみで
驚くほど簡単に描ける岩壁ブラシ
とその描き方をご紹介します。

2016y06m11d_011602138

ブラシ素材の線幅を変える方法はこちら

ブラシ素材の基本的な使い方は
こちら

2016y04m17d_104949614_サムネ 2016y04m18d_210922463_サムネ 岩壁ブラシ白黒セット

¥1300 icon_new11_hot011

¥1600 ¥2480

岩壁ブラシを使って洞窟を描く

ここでは光源の差をハッキリ分けるため、
岩壁ブラシ・白と黒の両方を使用して洞窟を描いていきます。


まずはベースとなるラフ画を描きます。
写真などを参考にするとイメージが具体的になります。

  2016y06m11d_010730495

 

岩壁ブラシ(黒)には通常洞窟用の二種類のブラシ素材があります。

まずは光源のない一番手前を描くため、洞窟用のブラシを使います。
洞窟用のブラシ素材は初期設定で下の図のようなストローク作画が可能です。

2016y06m11d_010730500
 


厚さのプルダウン(青枠)からランダムのチェックをはずします。
※チェックをはずすと厚みの幅が広がり、
 パースのゆるい部分を自然に描けます。

2016y06m11d_010730502

 

コミスタではランダム変化なしを選びます。

2016y06m11d_010730503

 

ラフの青線に沿って洞窟の一番手前をストロークします。
納得のいくパーツが出るまで何度塗り重ねてもOKです。

描き終わったら四隅をベタで塗りつぶし、暗さを強調します。

2016y06m11d_010730505

 

下に新規レイヤーを作り、奥の岩のラインをストロークします。
奥のラインを描く時は(先ほど変更した)厚みの設定を元に戻す(ランダムを選択し直す)
と厚みが薄くなり、奥行きのパース効果が出ます。

2016y06m11d_011021642ブラシ変更

 

新規レイヤーをつくり、各パートのアウトラインをホワイトでなぞって段々に分けます。

2016y06m11d_011029875

 

ここまで描いたら次はブラシを通常の岩壁ブラシ(黒)に持ち替えます
向きの設定から「線の方向」にチェックを入れ、向きの数値を90に設定します。(クリスタ)

bandicam 2016-07-27 20-03-02-278

 

コミスタの場合は「ストロークの方向」を選択し、
「範囲」の設定を180度に変更します(向き0.0)。

2016y06m11d_011029879

 

洞窟用と同じストローク設定になりました。

2016y06m11d_011230220

 

下に新規レイヤーを作り、奥のパーツを描いていきます。

入り口に近づくにつれ明るくなるように、ラフに沿ってストロークを塗り重ねます。
※適切なパーツが出るまで何度塗り重ねてもOK。

2016y06m11d_011230223

 

ブラシを岩壁ブラシ(白)に持ち替えます。
先ほどと同じくに向きの設定を変更し、光が一番強く当たる入り口を描きます。

2016y06m11d_011239307

 

更に下に新規レイヤーを作り、地面をストロークします。
遠くを描く時は厚みの数値を下げると自然な遠近感が出ます。

2016y06m11d_011356822厚み変更

 

ブラシを岩壁ブラシ(黒)に持ち替え、中間部分をストロークします。

2016y06m11d_011419538

 

ブラシを岩壁ブラシ(黒・洞窟用)に持ち替え、一番手前の地面をストロークします。

2016y06m11d_011422239

全体の作画が終わりましたが、この状態では見た目にうるさく、
「視点をどこに向ければよいかわからない絵」になってしまっています。



そこで画面を落ち着けるため、明暗をくっきりと分けます。
青部分が一番暗い箇所赤部分が一番明るい箇所になります。

2016y06m11d_011543893

 

ブラシ、またはトーンを使って青部分に影赤部分にホワイトでアクセントを入れます。
※アナログ風ほわカケブラシ使用

2016y06m11d_011553572

 

更にトーンの重ね貼りで「明るい部分」と「暗い部分」を強調して完成です。
視点が迷わず入り口の光に向く、落ち着いた画面になりました。

2016y06m11d_011602138

 

逆の要領で光源を反転した洞窟も描けます。

2016y06m11d_020137309

 

このように複数の岩壁ブラシ素材を使いこなせば、
重い岩の集合体も短時間で効率的に、誰にでも描くことができ、
革命的なスピードアップが実現します。


是非お試しください。

 

ブラシ素材の線幅を変える方法はこちら

ブラシ素材の基本的な使い方は
こちら

●関連素材

岩壁ブラシ白黒セット 2016y04m17d_104949614_サムネ 2016y04m18d_210922463_サムネ re (2)
¥2480 ¥1300 icon_new11_hot011 ¥1600 ¥800
岩壁ブラシ白黒のセット素材。白、黒、洞窟用の計3種を同梱。 ストロークだけで広範囲の岩壁を描けるブラシ素材。 ベタと斜線の処理が厄介な夜バージョン、洞窟内の岩壁を描画できるブラシ素材。 アナログ風のカケアミが手軽に描けるブラシ素材

●ブラシ素材一覧はこちら

●販売素材一覧はこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ページトップに戻る