Shopping Cart

0 / ¥0

難しい作業も悩みいらず・大岩ブラシ素材(黒)・海岸線の岩場風景の描き方

岩には様々な描き方がありますが、一貫して言えるのは複雑で厄介なことです。
延々と連なる岩場の作画に涙を流す描き手さんも多いのではないでしょうか。

 

大岩ブラシは山肌や海岸線の岩場を苦もなく描けるブラシ素材です。

このページではコントラストの強い大岩ブラシ素材(黒)を使った
海岸線の岩場風景の描き方をご紹介します。

ブラシ素材の線幅補正方法はこちら

ブラシ素材の基本は こちら

 

 

 

 

 

大岩ブラシ素材(黒)・海岸線の風景の描き方

 

まずはベースとなるラフ画を描きます。
岩場の写真などを参考にするとイメージが具体的になります。

2016y06m19d_195439242

 

 

 

大岩ブラシは筆圧でサイズが変わるよう初期設定されています。

赤矢印の方向と筆圧で奥から手前へジグザグにストロークすれば岩場の完成です。
好みのパターンが出るまで何度岩を塗り重ねてもOKです。

2016y06m19d_195601387

 

 

 

下に新規レイヤーを作り、海岸線の最奥(画面右側中央)に岩場を足します。

岩部分には白地が入っているので、
下に新規レイヤーを作って奥行きを描くと効率的です。

2016y06m19d_195716043

 

 

 

岩場周囲の風景を彩るため、木々を追加します。 
※枯れ木ブラシ黒(白入り)使用

2016y06m19d_195719793

 

 

 

岩場の周囲に草を追加します。
※黒草ブラシ使用
2016y06m19d_195736552

 

 

 

手前の白地に地面を追加します。
※草地面ブラシ(黒)使用

2016y06m19d_195739842

 

 

続いて最下部に新規レイヤーを作り、奥のパートを埋めていきます。
※黒葉ブラシ(遠景用)使用

2016y06m19d_195743115

 

 

 

このようなコントラストの強い画面で遠近感を出すには
手前を黒く、遠くを薄くするのが適切です。

新規レイヤーを作り、
青丸で囲った部分に適当なブラシでホワイトをかけます。
(クリスタの場合はマスク使用も可)

※透明色で削ると下地の白も一緒に削ってしまいます。
 白地を残しつつ、やり直しもできるよう、
 新規レイヤー上でのホワイトの上塗りか、マスクがベターです。

2016y06m19d_195820324

 

 

奥を薄くしたことで、視点が手前に安定しました。
※手描き風斜線ブラシ使用
2016y06m19d_195834477

 

 

 

最奥を埋めたら岩場の作画作業は完成です。
※軽草ブラシ使用
2016y06m19d_195902596

2016y06m19d_195911281

 

 

 

影をつける作業に入ります。
透明化すると各部位にきちんと白地が入っているのがわかります。

2016y06m19d_195939124

 

 

 

よって地面、海辺のトーンはレイヤー最下部に貼ると切り抜く手間が省けて効率的です。
2016y06m19d_195953296

 

 

続いて木の幹にもトーンを貼り、海辺にベタとホワイトのアクセントを入れます。
2016y06m19d_200106076

 

 

 

レイヤー最上部にグラデトーンを薄くかけ、削りブラシで大雑把に削ります。
薄いトーンは荒い処理が目立たないので、仕上げが素早く済みます。

2016y06m19d_200140855

 

 

 

最後の仕上げで空にトーンを貼ります。
※入道雲トーン03使用

2016y06m19d_200321784

 

 

 

トーンの明るさ調整をして海岸線の岩場の完成です。

2016y06m19d_200324382

 

一つ一つ手描き…となると考えただけで頭が痛くなりそうな岩の風景ですが、
素材を使えば驚くほどスピーディに仕上げることができます。

ぜひお試しください。

 

 

関連素材