Shopping Cart

0 / ¥0

ちょっとの手間で劇的変化!小岩ブラシで露天風呂を描く方法

小岩ブラシ素材は文字通り小岩を描くための素材ですが、
設定を変えて小さな砂利を描いたり、少しの加筆で大岩にも変えられます。

このページでは小岩ブラシ素材からの
大岩の描き方、露天風呂の描き方を解説します。
 

ブラシ素材の線幅補正方法はこちら

ブラシ素材の基本的な使い方は こちら

 

 

 

小岩マルチで大岩を描くメイキング

 

小岩ブラシは筆圧で大きさが変わるよう初期設定されています。

まずは筆圧を意識しながら山盛りの岩を作るように
小岩を一つ一つスタンプします。

2016y04m30d_151238096

 

 

 

この状態では一つ一つの固体が目立ちすぎます。
そこで各岩の輪郭線や、密集しすぎた影を消していきます。

2016y04m30d_151831942

 

 

 

ホワイトで該当箇所を塗りつぶしました。
慣れない内は上に新規レイヤーを作ると、自由にやり直しができます。

2016y04m30d_151837441

 

 

 

新たな小岩をスタンプして、周辺物を描き加えたら岩のある風景が完成です。
周辺物を草でなく、小さな人間にすれば巨大な岩にもなります。

2016y04m30d_152033606

 

 

次に小岩マルチブラシ(黒)を使って露天風呂を描きます。

先ほどと同じようにホワイトを加え、各個体を馴染ませます。
小岩マルチブラシ(白)よりダイナミックに塗りつぶしてみてください。

2016y04m30d_152144287
2016y04m30d_152148456

 

 

 

下に新規レイヤーを作り、奥にも岩をプラスします。
2016y04m30d_152443177

 

手前にも岩を置き、水面のグラデーションを加えます。
2016y04m30d_152640765

 

 

 

水面と岩のフチにホワイトを加えます。
2016y04m30d_152650040

 

 

湯気を加えて温泉が完成しました。
2016y04m30d_152737306

 

 

岩をコピペして水面下に置き、ホワイトグラデーションをかけた例
2016y04m30d_153229841
 

このように小岩ブラシは使い方次第で多くの自然風景に使えます。
是非ご参考ください。

 

関連素材