Shopping Cart

0 / ¥0

シンプル作業でスピード完成!短草ブラシ素材を使った草原の描き方

アナログ時代に描く草原といえば、草を一本一本描き続ける終わりの見えない作業。

一つ一つは簡単でも、数の暴力で迫る自然物の作画は
多くの気力と時間を削る作業です。

短草ブラシはそんな悩みを解消し、どれだけ広大な草原も
ストロークやスタンプのみで描けるブラシ素材です。

このページでは短草ブラシを使った草原の描き方をご紹介します。

 

ブラシ素材の線幅補正方法はこちら

ブラシ素材の基本は こちら

 

短草ブラシ素材・草原風景の描き方

 

 

まずはベースとなるラフ画を描きます。
草原の写真を参考にするとイメージが具体的になります。

2016y06m19d_200451382

 

 

 

短草ブラシは素材は初期設定で筆圧によりサイズが変わるよう設定されています。

奥から手前にかけて筆圧調整しながら、
小道を縁取るように草をストロークします。

2016y06m19d_200503384

 

 

 

続いて左側にもスタンプとストロークで草を足します。

2016y06m19d_200507185

 

 

 
背景を透明色にすると、草の白地を確認できます。

2016y06m19d_200515393

 

 

 

草の下に新規レイヤーを作り、削りブラシ等でうっすらと黒地を加えます。
こうしてコントラストをつけると、草の立体が浮き立ちます。

2016y06m19d_200518549

 

 

 

手前の草を描き終えたら、次は奥にも軽めに草を足します。
手前は濃く(黒く)、遠くは薄く(白く)を意識して画面全体のバランスを見ます。
※軽草ブラシ使用

2016y06m19d_200531177

 

 

 

草原に木を加えます。
※枯れ木ブラシ黒(白入り)使用

2016y06m19d_200556094

 

 

 

草原の奥にも木々や茂みを加え、適度に削って馴染ませます。
※手描き風森ブラシ、手描き風斜線ブラシ使用

2016y06m19d_200616309

 

 

 

奥にも木々を加え、手前小道の地面を描き足したら作画は完成です。
※枯れ木ブラシ黒(白入り)、ひび土ブラシ、泥地面ブラシ使用

2016y06m19d_200817190

 

 

仕上げのトーン作業に入ります。

画面手前・レイヤー最上部にグラデトーンを薄くかけます。

2016y06m19d_200842780

 

 

 

削りブラシで大雑把に削ります。
薄いトーンは荒い処理が目立たないので、仕上げが素早く済みます。

2016y06m19d_200850384

 

 

 

奥の木々にホワイトトーンをかけ、手前と奥の遠近を強調します。

2016y06m19d_200903396

 

 

 

最後の仕上げに空のトーンを貼ります。
草原部分にかぶった空トーンはアクセントとしてそのままにしました。
※入道雲トーン03使用

2016y06m19d_200921007

 

 

 

トーンの明るさを調整し、草原の風景が完成しました。

2016y06m19d_200929632

 

デジタルソフトウェアの登場で漫画作画はアナログとは
比べ物にならないほど効率的になりました。

デジタル技術をフルに生かせば、
どれだけ広大な草原も短時間で効率的に描くことができます。

柔らかな草原風の短草ブラシ素材をぜひお試しください。

 

 

関連素材