Shopping Cart

0 / ¥0

知らないと損をする便利さ!泥地面ブラシ素材で描く森の小道

地面は漫画シーンの中でも登場頻度が高い背景です。

見た目には単純なので最初は意気込みますが、
コマを重ねるごとに苦痛が増すのが地面の罠です。

 

そんな苦痛とは無縁になるのが地面ブラシ素材。
スタンプとストロークを塗り重ねるだけで、超スピードで地面を描けてしまう素材です。

このページでは泥地面ブラシを使った森の小道の描き方をご紹介します。
泥地面ブラシは雨上がりの地面、ベタや描き込みの多い作画に適した素材です。
 

 

ブラシ素材の線幅補正方法はこちら

ブラシ素材の基本は こちら

 

 

 

 

 

黒ベースの森の小道を描く・メイキング

 

 

小道を描く前に、森を描きます。
ここでは森ブラシ素材を使用します。

森ブラシは筆圧によって遠近がつくよう初期設定されています。
右奥から左手前へストロークすれば森の木々の完成です。

2016y06m20d_191213685

 

 

 

左手前に大きいサイズで森ブラシをスタンプします。

サイズの大きさが足りない場合は、一旦別レイヤーにスタンプします。
そしてそれを拡大し、位置を調整すればOKです。

2016y06m20d_191305514

 

 

 

上に新規レイヤーを作り、道端の草を描きます。
各パーツのレイヤーは(把握できる数量で)別々にしておくと、
編集がしやすく作業効率が上がります。

ここでは黒草ブラシ素材を使用します。
黒草ブラシは筆圧で遠近がつくよう初期設定されています。
右奥から軽く→左手前にかけて強く、ポンポンとスタンプしていきます。

2016y06m20d_191359318

 

 

 

黒草と森の間に新規レイヤーを作り、茂みを描きます。

ここでは黒葉ブラシ(遠景用)素材をスタンプし、
手描き風斜線ブラシで白く削りました。

2016y06m20d_191404223

 

 

 

一番下にレイヤーを作り、軽めの茂み(斜線)で森の奥の遠近を加えます。
※手描き風斜線ブラシ使用

 

2016y06m20d_191408190

 

 

 

ようやく泥地面の出番です。

泥地面ブラシは通常と白入りの2種の素材がセットになっています。
ここでは軽めの凹凸がつく泥地面ブラシ(白入り)を使います。

 

泥地面ブラシ素材は筆圧で遠近がつくよう初期設定されています。
新規レイヤーを作り、奥を軽く→手前にかけて強くポンポンとスタンプします。
※赤丸はスタンプの位置と強さ

2016y06m20d_191528908

 

 

 

次は泥地面ブラシ(無印)を使い、地面に濃淡を加えます。

森の木々の傍、黒草の下が影になるので、
スタンプ、もしくはストロークで適度なグラデーションをつけます。
※泥地面(白入り)では塗り重ねは出来ません

2016y06m20d_191543411

 

 

 

森の右奥部分をうっすら削り、全体の遠近を出したら完成です。
※手描き風斜線ブラシ使用

2016y06m20d_191551882

 

 

地面ブラシは多くの自然風景に使える、汎用性の高い素材です

手描きに疲れた際にはこの地面ブラシを是非お試しください。

  

 

関連素材