無料で使える!海面川面ブラシで海面メイキング

 

水面のエフェクトは表現が難しく、悩みの多い作画です。


海面川面ブラシはそんな悩みをあっさり解消し、しかも無料で使えます。
深度の高い水や濁った水の表面にピッタリの素材です。

ここでは海面川面・無料ブラシを使い、
カンタン便利な海面メイキングをご紹介します。

 

ブラシ素材の基本的な使い方は こちら

bandicam 2017-03-19 10-48-18-350_s

¥0 


 

 

海面川面・無料素材・海面の描き方

 

 

 

要点はすべて動画で説明していますが、以下テキストで詳細解説をしていきます。

 

はじめに海の土台となるグラデーションを作り、
その上に黒色、ハイライト用のレイヤーを作ります。

 

 

 

描画色を黒にし、スタンプとストロークで海面を描きます。

 

 

 

遠くに行くほど筆圧を弱くして、遠近感を出します。

 

 

 

描画色を透明に変え、黒色を削って遠くをぼかします。

 

 

 

描画色を白色に変え、ハイライト部分をストロークします。

 

 

 

透明色で削って形を整えます。

 

 

 

今度はグラデーション部分を透明色で削ります。

 

手前も透明色で削り、黒色の下にハイライトを入れます。

 

 

 

各レイヤーを納得いくまで微調整して完成です。

※使用素材 海面川面・無料ブラシ、水面ブラシ内_きらめき

 

 

 

他の素材と併用して、川の濁流も作れます。

※使用素材
海面川面・無料ブラシ

水面ブラシ内_波・水流
荒波ブラシ内_荒波・大 水波しぶきリボン_小

 

無料素材はコストもリスクもなく、ダウンロードしてすぐに使える便利な素材です。
お試しがてら、ぜひご活用ください。

 

 

●おススメの関連素材

bandicam 2017-03-19 10-48-18-350_s %e6%b0%b4%e9%9d%a2%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b76%e7%a8%ae%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%b32%e7%a8%ae_ss 荒波ブラシ6種_ss
¥0 ¥1980  ¥1980・セット素材  
海面、湖面、川面の水面表現に便利な無料ブラシ。 透明感のある浅瀬の水面を簡単に描ける水面素材。カスタマイズに合わせたブラシ6種類と広範囲用のトーン2種。 川の濁流や大海原の荒波をストロークのみで描けるブラシ素材6種
  素材の応用法を見る
動画を見るicon_up01-d07
 

 

●ブラシ素材一覧はこちら

●販売素材一覧はこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ページトップに戻る