Shopping Cart

0 / ¥0

サクサク描ける!「白樹木ブラシ・都会の公園」メイキング

 

樹木は作画量がとても多く、負担の大きい作業です。
なかでも白の樹木は一見シンプルですが、
黒で塗りつぶせないので、細かな形や線の粗さもとても目立ってしまいます。

「アニメの1シーンを見ているうちに背景が終わらないかな」

このページではそんな夢を実現する白樹木ブラシ素材を使い、
木々の生い茂る公園の描き方をご紹介します。

 

ブラシ素材の基本は こちら

 

 

ブラシ素材でサクサク・公園の木々の描き方

 


はじめに最大サイズで白樹木ブラシをスタンプします。

 

 

 

 

下にレイヤーを作り、筆圧を意識しながら奥の木々をストロークします。

 

 

 

手前の木々の下に土台を描きます。

 

 

 

木々の下に草を、木々の奥に斜線で影をつけ、木の存在感と奥行きを出します。

 

 

 

余白部分にグラデーションで水面を作り、黒色で水面を描きます。
※海面川面・無料ブラシ使用

 

 

 

白色で水面のハイライトを入れます。
※海面川面・無料ブラシ使用

 

 

 

木の部分に10%のトーンを貼ります。
水面の黒色部分にはホワイトトーンをかけ、
白の木々に馴染むよう、濃度を合わせました。

 

 

 

木々の上に空トーンを貼ります。
ここではグラデーションの上に、白色で雲を描きました。
※雲ブラシ使用

 

 

 

手前に噴水のしぶきを加えます。
※水面ブラシ内・波しぶきリボン使用

 

 

 

最奥にビルを加え、都会の公園の完成です。
※3D素材使用

 

このように、素材を使えば、手描きとは比較にならない速さで背景が終わります。

樹木ブラシには様々な作風にあわせ、複数のタイプを用意しています。
作画に疲れた方は是非ご利用ください。

 

 

関連素材