Shopping Cart

0 / ¥0

知っておくと得をする・和室背景を夜のシーンに作り変える方法

 

漫画素材工房の背景素材はパーツごとにレイヤーが別れており、
柔軟なカスタマイズが可能です。

このページでは 背景素材和室02を元に
月明かりをイメージした夜のシーンへと作り変えてみます。

背景素材の基本的な使い方は下記リンクをご参照ください。
●背景素材の基本

 

 

 

背景素材で夜のシーンを作る

 

背景素材のクリスタファイル、またはコミスタファイルを開きます。
※以下、説明はクリスタで行っていますが、コミスタでも作業内容は同じです。

bandicam 2016-04-21 17-23-22-449

 

 

 

まずは下準備です。
影が濃くなる夜のシーンに合わせて行灯にベタ影を入れます。

bandicam 2016-04-21 18-26-10-079

 

 

 

小物フォルダの下にグラデーショントーン①を作成し、
背景全体グラデーションをかけます。

bandicam 2016-04-21 18-42-34-048

 

 

 

60L10%のトーンレイヤーをCtrlキーを押しながらクリック→選択範囲を作成します。
次に選択範囲のタブから選択範囲の反転をします。
※コミスタはAltキーを押しながらレイヤーをクリック。

bandicam 2016-04-21 18-43-45-003

 

 

 

クイックマスクをかけるとこのようになります。

bandicam 2016-04-21 18-44-52-391

 

 

 

この選択範囲を利用して、先ほど作ったグラデーショントーン①をカットします。

全体の濃度が上がり、光の印象が強調されました。

bandicam 2016-04-21 18-46-28-278

 

 

 

より自然な光の環を仕上げるため、
赤線の斜線部分にグラデーションをつけます。

新たなトーンは追加せず、グラデーショントーン①の上に
(黒色の描画色で)広範囲用のブラシを使ってなじませます。

bandicam 2016-04-21 18-48-18-035

 

 

 

※グラデーションを追加した例

bandicam 2016-04-21 18-50-37-213

 

 

 

次に背景素材の最上部にグラデーショントーン②を作ります。

bandicam 2016-04-21 18-50-37-214

 

月明かりの差し込む障子部分と、
それを受ける畳部分をうっすらと削ります。

bandicam 2016-04-21 18-50-37-215

 

 

 

新しく作ったグラデーション②はレイヤー移動ツールで網点をずらします。
※この作業を怠ると、印刷に反映されません。

bandicam 2016-04-21 18-50-37-216

 

 

 

最上部に新規レイヤーを作り、
「月光を受ける小物のアウトライン」をホワイトで軽く縁取ります。

bandicam 2016-04-21 18-50-37-219

 

 

 

小物とグラデーション①の間に新規レイヤーを作り、小物の影を追加します。
赤線のパースラインに沿って選択範囲をとり、
削りブラシや新規トーンでグラデーションをつけます。

bandicam 2016-04-21 18-50-37-222 bandicam 2016-04-21 18-50-37-223

 

 

 

夜のシーンが完成しました。

bandicam 2016-04-21 18-50-37-227

※変更前の昼仕様の背景素材(カケアミ非表示)

bandicam 2016-04-21 19-53-41-940

 

同じ背景素材でも時間帯が違うとガラリと雰囲気が変わります。
是非お試しください。

 

 

関連素材