3DLTの線補正・レンガアーチメイキング

3Dレンタリングはアタリから線画までをクリック一つで描ける夢のような機能です。

ですが3Dの線画は太さが全てが均一で、いかにも機械的。
一目で3D線画とわかってしまうのも難点です。

そのため3D線画は「線幅補正ツール」や「線修正フィルタ」の機能で編集が必要です。

このページでは3D線画の線補正メイキングを
レンガアーチ3D素材を元にご紹介します。
 

3D素材の基本的な使い方は下記リンクをご参照ください。
●3D素材の基本

レンガ3D素材7種
¥980

3DLT線画補正のコツ・レンガメイキング

 

3Dレンタリング直後の線画です。
すべての線が均一で遠近感や質感は感じられません。

bandicam 2016-05-25 16-47-38-954

 

 

線が太すぎる(細すぎる場合は)まず線全体の補正を行います。

コミスタの場合は線画を選択範囲で囲み、
フィルタタブ→線補正→線幅修正を選択し、数値の設定を行います。
コミスタでは細かい数値設定はベクターレイヤーでしか行えませんので
線画をベクターレイヤーに変換してからこの作業を行います。

※参照リンク
3DLTで綺麗なベクター線画を作る①※コミスタ版


bandicam 2016-05-25 17-52-26-224

数値は任意。ここでは0.06mmを設定します。
bandicam 2016-05-25 17-52-45-533

 

線全体の幅補正が完了しました。
※画像0.06mmの線幅修正を2回行った状態。

bandicam 2016-05-25 17-53-35-458

 

 

クリスタの場合はフィルタ→線画修正→線幅修正から作業を行います。
クリスタでは細かい数値設定はラスターレイヤーでしか行えませんので
線全体の修正をする場合はラスターレイヤーでレンタリングをしてください。

 

bandicam 2016-05-25 17-53-55-344
赤枠のプルダウンから目的の項目を選択できます。

bandicam 2016-05-25 17-54-37-598

 

 

全体の補正が済んだら、次は部分的な補正をします。
目線から近いものは濃く(太く)遠いものは薄く(細く)なることが遠近の基本です。

bandicam 2016-05-25 17-57-30-652

 

 

遠近の基本を参考に、目線から遠くにある部分
線が太すぎると感じる部分を選択範囲で囲み、もう一度線幅修正します。

bandicam 2016-05-25 17-57-30-654

 

 

クリスタの場合は細かすぎる設定は反映されません。
1ピクセルの線を残すにチェックを入れると線幅が最も細くなります。

bandicam 2016-05-25 17-57-30-656

 

 

おおまかな線補正が終わったら
アーチの陰部分の選択範囲を取り、線画をカットします。

 

bandicam 2016-05-25 18-01-55-693

 

 

カットした線画は選択範囲を維持しながら、
編集→線の色を描画色に変更
白色に変えます。

bandicam 2016-05-25 18-02-45-574

bandicam 2016-05-25 18-04-28-965

 

 

白色にした線画をいったん非表示にして
下に新規レイヤーを作り、選択範囲内を黒く塗りつぶします。

bandicam 2016-05-25 18-04-28-968


先ほどの線画を表示すると、塗りつぶした陰部分にレンガ線が浮き上がります。
bandicam 2016-05-25 18-05-40-324

 

 

線幅修正ツールを使ってベクター線画の細かい補正をします。

bandicam 2016-05-25 18-06-28-553

 

遠近の基本のとおり、遠くを細く、
均一な線が集中している所を重点的に補正しました。

bandicam 2016-05-25 18-09-17-247

 

 

光源を元にトーンで陰影をつけます。
レンタリングの際に自動で作成される下地(マット)のレイヤーを
Ctrl+左クリック(コミスタはAltキー)して選択範囲が取れます。
トーン貼りの際はこれを利用すると作業がスムーズになります。
※光源はお好きな位置で。

bandicam 2016-05-25 18-15-15-966

 

 

アーチと壁の段差、柱の段差にも影を付け、各パーツを自然に分けたら完成です。
※アナログ風ほわカケブラシ使用

bandicam 2016-05-25 18-25-46-343

 

 

補正前と補正後を比べてみます。

※補正前の線画
bandicam 2016-05-25 18-25-46-345

※線補正をせず仕上げた状態
bandicam 2016-05-25 18-25-46-347

※線補正+仕上げ
bandicam 2016-05-25 18-25-46-343

以上の比較から線補正の必要性がわかります。

線補正はコミスタ、クリスタのツールで気軽にできる作業です。
お好みの作風に合わせて是非お試しください。

 

 

●関連素材

レンガ3D素材7種 建具3D素材7種セット 和風塀3D素材7種 re (2)
¥980 ¥900icon_new11_hot011 ¥900 ¥800 icon_new11_hot011
レンガ外壁の3D素材。レンガ塀、壁、柱、アーチ、トンネル等の計7種。組み合わせて様々なバリエーションでお使いいただけます。 和風建具の3D素材7種セット。細かな微調整やカスタマイズが可能です。 2016/5/19アップグレード 和風の外塀をまとめた3D素材。石塀2種、竹矢来2種、板塀3種の計7種。 アナログ風のカケアミが手軽に描けるブラシ素材。多くの用途に使えます。

●3D素材一覧はこちら

●販売素材一覧はこちら

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ページトップに戻る