Shopping Cart

0 / ¥0

1ストロークで雰囲気バッチリ!うろこ雲ブラシで空を描く

 

空は漫画の中でとても登場頻度の高いシーンです。

空の表情を左右する雲は、アナログなら定番の空トーンを使うか
手のかかる削りで1から作り上げるものでした。

 

しかしデジタルではその作業もブラシ一つ簡単にできます。

このページではモノクロ2値兼用の高解像雲ブラシ、うろこ雲ブラシで描く空をご紹介します。

 

ブラシ素材の基本は こちら

 

 

うろこ雲の空・メイキング

 

 

 

 

ここでは動画の手順を再度テキストで追っていきます。


うろこ雲ブラシは
以下のストロークで望む雲を自由に作れるブラシです。

2016y10m17d_153050251

 

 

 

うろこ雲空の写真を参考にストロークをします。
写真を参考にすると表現のリアリティが増します。

2016y11m07d_200004381

2016y11m07d_200012107

 

 

 

ブラシサイズを小さく、または筆圧を調整しながら遠くの小さな雲を足します。

  2016y11m07d_201018654

 

 

 

ブラシ濃度の筆圧にチェックを入れ、筋雲ブラシで半透明の雲を追加します。

2016y11m07d_201056787

2016y11m07d_201126213

 

 

同様に透明色で雲を削り、空と馴染ませます。

2016y11m07d_201212508

 

 

 

雲の下に覆い焼きレイヤーを作り、太陽を受けた光を追加します。

2016y11m07d_201259611

2016y11m07d_201259612

 

 

 

筋雲ブラシで更に遠くの雲を追加します。

2016y11m07d_201545381

 

 

 

遠くの雲も透明色で削り、色を馴染ませたら完成です。

2016y11m07d_201623411

 

このように雲ブラシを使えば、複雑な雲もすばやく描けます。

モノクロ2値対応の粒子形状が特長のブラシです。
カラー用のブラシや、空写真のグレースケール化トーンが
「モノクロのアナログ感に合わない」と感じる方は是非ご使用ください。

 

関連素材