毛ブラシ・短毛ブラシで白い狼を描く

ひたすら斜線を描き続ける毛の描写は、
苦しくも楽しい作業です。
ですが時間がなければそれは大きな壁となり、
さらに量が多ければ地獄の試練となるでしょう。

それでもクオリティを落としたくない。
なんとか素早く楽に終わらせたい。

そんな方にお勧めしたいのが毛ブラシセット。
本来一つ一つ描くべき斜線をストロークのみで
簡単に緻密に描けてしまうブラシです。

このページでは短毛ブラシを使って描く
白いオオカミのメイキングをご紹介します。

2016y09m04d_180838887

 

ブラシ素材の線幅補正方法はこちら

ブラシ素材の基本的な使い方は こちら

毛ブラシ_短毛6種 毛ブラシ3種セット

¥1200

¥3200・セット素材

短毛ブラシで描く白い狼・メイキング

毛ブラシ・短毛ブラシは以下の6種構成です。
濃度や密度、長さの違うそれぞれのブラシを持ち替え、
細かい濃度調整やグラデーションを作れるのが特徴です。

bandicam-2016-09-24-14-19-26-124

 


作業は毛の流れに合わせ、角度を変えながら行っていきます。
角度を変えることで、様々な毛の流れに対応可能です。

2016y07m30d_031036665

 

ではまず白いオオカミの土台となるラフを描きます。
写真や実物(犬)を参考にすると、
何も見ないで描くよりも、完成度が一段と増します。

 

2016y09m04d_180314988

 

 

 

ラフを元に絵の主役となる目と鼻を手描きします。

2016y09m04d_180326282

 

 

新規レイヤーを作り、「毛(端)」ブラシを使い、輪郭をラフの通りになぞります。
把握できる枚数でパートごとにレイヤーを別にすると、後々の編集に便利です。

一本一本手で描けば大変な作業もストロークのみであっという間に終わりました。

2016y09m04d_180537548

 

 

端ブラシには毛の流れに合わせた白地も入っています。
この手の作画で大変な白地作りも同時にこなせるのが特徴です。

2016y09m04d_180552956

 

 

端の白ライン内側の選択範囲をとります。

2016y09m04d_180623698

 

 

白く塗りつぶして、白地が簡単に作成できました。

2016y09m04d_180647977

 


白地を作成したら毛の描写に取り掛かります。

新規レイヤーを作り、
「毛(黒)端・短」ブラシで口のラインをなぞって強調します。

2016y09m04d_180755788

 

 

次に「毛(基本」や「毛(粗」、「毛(黒)端・短」ブラシを使い、
最も濃い部分の陰影を描きます。
(耳と首、口の下)

複数のブラシを使うことで濃度の微調整が細かくできます。

2016y09m04d_180759798

 

新規レイヤーを作り、
さらに「毛(基本)」や「毛(粗)」ブラシを使い、軽めの陰影を入れます。

2016y09m04d_180803717

 

 

耳毛と眼の光をホワイトで描き加えて作業完了です。

2016y09m04d_180838887

 

 

最終的なレイヤー構成です。
ここでは手順ごとにレイヤーを分けていますが、
レイヤー分けは自身が把握できる枚数でOKです。

2016y09m04d_210201248

      

このように、毛ブラシを使えば大量の斜線を
短時間で簡単に描くことができます。
是非お試しください。

 

 

ブラシ素材の線幅補正方法はこちら

ブラシ素材の基本的な使い方は こちら

●おススメの関連素材

毛ブラシ_短毛6種 毛ブラシ_長毛10種 毛ブラシ_くせ毛11種 毛ブラシ3種セット
¥1200 ¥1400 ¥1400 3200・セット素材
短毛に特化した6種のブラシセット、動物や毛玉、ファーなど、毛に関するものを手軽に描けます。 長毛に特化した10種のブラシセット、長毛の動物やヒゲ、イラストのアクセントなどにも。 くせ毛に特化した11種のブラシセット、くせ毛の動物やヒゲ、ファーや体毛にも使えます。 短毛、長毛、くせ毛の3タイプ、27種のブラシセット。大抵の毛はこれでカバーできます。単品より800円お得。
       

●ブラシ素材一覧はこちら

●販売素材一覧はこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ページトップに戻る