Shopping Cart

0 / ¥0

モノクロ、カラーの両刀素材・空トーン素材をカラーに変換する

※2017年9月更新

空トーン素材はカラーに変換してご利用いただくこともできます。
このページでは「濃空トーン」「薄空トーン」を元に
その変換方法を2パターンお伝えします。

※この作業はクリスタでのみ可能です。

 

トーン素材の基本的な使い方は下記リンクをご参照ください。
●トーン素材の基本

 

カラーへの変換方法

 

 

①オーバーレイレイヤーを使う

 

1つ目の方法はオーバーレイレイヤーを使います。
カラーに変換したいトーンファイルを開きます。

 

 

 

各レイヤーのトーンモードを解除し、グレーレイヤーに戻します。

 

 

 

上にカラーで新規レイヤーを作り、オーバーレイモードに変更します。

 

 

 

お好みの色でカラーグラデーションをかけます。

 

 

レイヤーを複製すると色がハッキリします。

 

 

 

消しゴムや透明色のブラシで色や濃度を微調整できます。

 

 

 

編集タブ→色調補正→色相、トーンカーブなどからも色と濃度の調整が出来ます。

 

 

トーン素材はモノクロ用のため、削り部分が粒子状になっています。
「ぼかしフィルター」を使うとカラーに馴染みます。

 

 

 

 

 

②下地と結合する

 

2つ目のやり方は下地と結合する方法です。
トーン素材のクリスタファイルを開き、カラーに変換したいレイヤーを選択します。

 bandicam 2016-04-10 19-09-25-635

 

 

 

レイヤープロパティーのトーンボタンを押し、トーン素材をグレースケールに変換します。
※この作業はレイヤー結合前に必ず行ってください。

bandicam 2016-04-10 19-09-25-636

 

 

 

グレースケールに変換したトーン素材レイヤーを用紙のレイヤーと結合します。

bandicam 2016-04-10 19-10-28-108

 

 

 

トーン素材レイヤーを右クリックしてレイヤーの変換を選択します。

bandicam 2016-04-10 19-13-34-798

 

 

 

カラーを選択し、OKを押します。

bandicam 2016-04-10 19-17-39-268

 

 

 

編集タブの色調補正からカラーバランスを選択し、
好みの色に調整します。

bandicam 2016-04-10 19-19-27-914

 

 

 

グレースケールトーン素材のカラー変換が完了しました。

bandicam 2016-04-10 19-23-36-093

 

 

 

更にオーバーレイモードで空全体の色、
焼き込みカラーモードで雲の影を塗れば、より立体感が出ます。

bandicam 2016-04-10 19-23-36-094

 

 
※加工例

bandicam 2016-04-10 19-23-36-095

少しアニメ調のかっちりした空になりますが、
即席の空などに是非ご利用ください。

 

 

関連素材